Givenchy (ジバンシィ)、まるで”歯”のようなソールが特徴的なスニーカー「JAW」が登場

Givenchy (ジバンシィ) から新作スニーカー「JAW」が登場した。アーティスティック・ディレクターの Clare Waight Keller (クレア・ワイト・ケラー) が手がける初めてのアーバンスポーツスニーカーだ。

「JAW」は、その名の通りまるで”歯”のようなソールが特徴的な流線型のスタイリッシュなスニーカー。2018-19年秋冬コレクションのランウェイショーでお披露目され、その印象的なフォルムが注目を集めていた。60年代と70年代のトラックシューズから90年代に登場したハイテクスニーカーまで、様々な年代からインスピレーションを得ながらも、現代的なアクセントを加えた逸品となっている。オーソドックスなホワイトとブラックの2色で展開され、今後クラシックスタイルとしてマルチカラーの配色でも登場する予定だ。Clare Waight Keller のクリエーションが遺憾なく発揮された一足となっているので、お見逃しなく。

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-news-event/140677

藤田翔太

ファッション好き。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です