プラダがパンプスのメイド・トゥ・オーダーを期間限定で開催 – 豊富な選択肢から“自分だけの1足”を

プラダ(PRADA)が、パンプスのメイド・トゥ・オーダーサービスを期間限定で実施する。2015年11月12日(木)より、プラダ 伊勢丹新宿店を皮切りに、東京・大阪を中心とした9店舗で順次サービスが提供される。

選択出来るベースは、シンプルなベーシックパンプスを中心に、オープントウ、プラットフォーム、スリングバック、チャンキーヒール、リボンパンプスなど全16モデルだ。

素材は、クロコダイル、オーストリッチ、パイソン、スエード、シルクサテン、プラダの伝統的な素材である「サフィアーノ」にパテントを施したカーフレザー、メタリックレザーなど13種類がラインナップする。

カラーパレットも豊富に揃うが、素材によっては、2015-16年秋冬コレクションで発表されたモレキュール(分子)柄のプリントや、プラダのアーカイヴコレクションからリップやジオメトリック柄のプリントも選択出来る。

さらに、アウトソールもスムースレザー3色(ブラック、ライトピンク、ブルー)、今季より加わった「サフィアーノ」 レザーの2色(ブラック、ライトピンク)が用意されているほか、イニシャルをアウトソールのプラダのロゴの下に取り付けることが可能。

注文日より約4ヶ月を経て完成するオーダーシューズは、カスタマイズに合わせたスペシャルパッケージと共に手元に届く。全て好みの形、色、素材、プリントで仕上げるまさに自分だけの一足。この機会に是非オーダーしてみてはいかがだろう。

from

https://www.fashion-press.net/news/19940

藤田翔太

ファッション好き。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です